読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

札幌記念(2016年)の出走予定馬を考察!

8/21に開催される札幌記念(GⅡ)に出走する馬の情報を載せております。札幌記念の予想にお役立て下さい。

札幌記念(2016)の出走予定馬。今年は豪華な面々が集結!

札幌記念,出走予定馬

出走予定馬

モーリス

マイルの絶対王者モーリス。前走の安田記念では2着に入線しましたが、激しく掛かっていましたね。スローの中弛みのラップでしたし、課題であった折り合いの問題がやはり出てきました。今回は距離延長。折り合いもさらに難しくなるので、やはり今回も課題は折り合い。

ヌーヴォレコルト

大阪杯6着、香港のQE2世Cでも6着。2走前の大阪杯は鞍上の岩田騎手の批判が多いみたいですが、ロスなく内をまわって54キロで伸びなかったのには馬にも原因がありそう。洋芝は不安、雨なら割引。

ヤマカツエース

昨年の札幌記念4着馬。距離が未知数だった去年と違い、今年は金杯も勝っているし、2000mでの実績が信頼度を高めている。しかしスローペースではキレ不足の心配も。洋芝は合いそうで、雨で重くなれば向きそう。

ヒットザターゲット

昨年の札幌記念2着馬。昨年のレースのゴール前で見せた鬼脚はインパクト大。いつ走るか分からない怖さがある馬だが、得意な舞台で激走する可能性はある。過去9戦のうち8勝が1~5番枠の内枠巧者だけに枠順は大きなポイントとなる。

レインボーライン

独特なフットワークが印象的なステイゴールド産駒で、ステイゴールドらしくじわじわと成長してきている。洋芝はデビューした地で、未勝利勝ちの内容も強く、札幌の舞台は合いそうだ。末を活かすタイプではなさそうなので、ゲートは決めたいところ。古馬混合の定量G2に加えて厳しいローテが心配だが、展開的にも馬場的にもマッチしている。

スーパームーン

昨年の札幌記念は10着。メンバーのレベルが高かった昨年に比べると今年は上位以外は手薄。前走の目黒記念は7着。鞍上のデムーロ騎手が最後まで追わず凡走。距離が少々長い印象だった前走から500m短縮してくる今回は条件は好転。このメンバーでどこまでやれるか。

ロジチャリス

前走エプソムCは4着。昨年はラジニケ賞でも強敵相手に頑張っての4着。好走の多い馬だが、1800mまでしか実績がないのが一番の不安材料。脚を出し切りたい馬なので2000mは合いそうという見方もできるが、距離の不安は拭えない。今回の取捨で難しい一頭。

レッドリヴェール

2013年の阪神JFの勝ち馬、同年の桜花賞で2着と栄えある実績を持つ牝馬。今年は阪神牝馬Sで12着、ヴィクトリアマイルでも14着と5戦連続で二桁着順が続く。前走のクイーンSでは4着に入着し、久しぶりの掲示板。最近の厳しい成績の中で前走好走したが、巻き返しとなるか。売出し中の新人騎手、坂井瑠星騎手との初コンビも注目。

ネオリアリズム

今年の始動戦であった中山金杯(7着)で重賞初デビュー。その後、小倉大賞典で3着、前走函館記念で6着と重賞で健闘。札幌は昨年の条件戦で2戦2勝、2000mでの勝利経験を活かしたい。適性がモノを言う小回りの舞台で重賞初制覇なるか。

その他の登録馬



3連単の予想はコチラ↓
今年も3連単の予想を無料で公開する競馬の無料メールマガジンを読んで3連単を宛てに行こう。出走予定馬に関する情報なども満載!
→札幌記念の3連単買い目はコチラ(無料)!